本質を見抜く人になる方法とは?『あなたの思考力を診断できるお話』

この記事を書いた人

柿田ぴんと
チョコモナカジャンボが好き!
1日1冊ビジネス書を書評してます!

 

こんちわ、柿田ぴんとです!

モノゴトの本質を考えろ!

なんて言葉をよく聞くけど

本質を見抜けるようになると
一体どんなメリットがあるのか?

本質を見抜ける人を一言で表すと

ボーリングのセンターピンのような
たった1つの大事なピンを理解すること

その本質さえ理解できれば
後ろに並ぶピンもどんどん倒れ

少ない労力で、大きな成果を得ることができる。

逆に、本質が理解できなければ

どれだけ、力一杯ボールを転がしても
センターピンに当たることがなければ

成果どころか、労力さえもムダになってしまうと。

では、どうすれば本質を見抜けるようになるのか?

そこで、本書で読んだ
マンガでよくわかるエッセンシャル思考の中に

本質を見抜く力を診断できるお話があったので
さっそく、紹介していきたいと思います!

本質を見抜く思考力とは?

 

では、さっそく問題です!

以下の引用文を、ごく簡潔に要約してみてください!

 
「ビバリーヒルズ高校のピーターズ校長は今朝、職員一同に研修旅行の知らせを告げた。来週木曜、職員全員でサクラメントへ行き、新たな教育メソッドに関する会議に参加する。
当日は人類学者のマーガレット・ミードや教育学者のロバート・M・ハッチンズ、カリフォルニア州知事のパット・ブラウンによる講演も予定されている。
 
 

いかがだったでしょうか?

この文章の本質を見抜き
簡潔に要約することができたでしょうか!

ぼくが初めてこの問題を解いた時は

ぴんと
州知事来るとかすげえ!カルフォルニアロール食べてえ!

くらいにしか思ってませんでした。

そんな話はおいといて!!!

では、さっそく問題の解答に移っていきましょい!

その答えは

 

 

来週木曜は学校が休みだ

 

 

どうでしょう、本質は見抜けていましたか?

いざ答えを聞いてみると

来週木曜、職員全員でサクラメントへ行き

という時点で「学校に職員がいない!」と思うなと。

ビバリーヒルズ、マーガレット・ミード
カリフォルニア州知事のバット・ブラウン

みたいなクセの強い情報を
そのまま鵜呑みにしてる場合じゃないマジで!

てなわけで、ではどうすれば

「来週木曜は学校が休みだ」と
本質を見抜けるようになるのか?

それは疑問をもつことなんですね!

ぴんと
なぜ、校長はこの話をするんだろう?
ぴん子
職員みんな研修にいったら、学校はどうなるんだろう?

このようになぜ?」を頭に思い浮かべること
本質を見抜くうえで非常に重要になってきます。

人と話すときも、仕事を依頼されるときも

「その人が伝えたいこと」
話の本質は必ず隠されています。

だからこそ、モノゴトを考える時は

「この人の伝えたいことは何だろう?」と疑問に持つこと!

その疑問を持って、情報に触れることが
本質を見抜くための第一歩だと思うので

みなさんもぜひ、実践してみてくださいね!

本質を見抜く思考力をさらに
高めたい人はこちらの記事もぜひ!

スポンサーリンク

私生活で「本質を見抜く力」を身に着けるには?

私生活で本質を見抜く力をつけるために、参考になる内容が
誰も教えてくれない 質問するスキルにもあったので紹介していきます!

 このカフェゾーンには、「丸テーブル」がたくさん並んでいます。なぜ丸テーブルなんでしょう?パソコンを使ったり、ノートに書いたりするには、丸テーブルではなく四角いテーブルのほうが使いやすいと思います。でも、あえて丸テーブルを使っています。

この丸テーブルというのは「要求─仕様─指示・作業」の関係でいえば、「仕様」です。
この仕様の奥には「要求」、つまり意図があるはずです。わざわざ丸テーブルを使う理由です。

なぜ丸テーブルにしたと思いますか?

(中略)

少し考えてみると、仕様の奥にある「要求」が見えてきます。
この思考回路を身につけると、何かが目に入るたびに、「この仕様の要求はなんだろう?」と考えるようになります。
習慣になります。仕様の奥にある「要求」を知ることが、仕事においては非常に重要です。

 
 

つまり「要求」を理解することが
「本質」を理解するということだと!

そもそも、カフェに行って

ぴんと
なぜ、丸テーブルなんだろう?

なんて疑問に思ったことすらないわけですが
その本質について、少し考えてみたいと思います!

どれが正しいとは、言えませんが
「丸テーブルを使いたい!」という本質は

大人数に対応したい

向きをそろえなくてもいい

などが、本質に当てはまるのかなと。

これは、ご飯を食べる時の
友人の会話にも当てはまりますよね!

ぴん子
うどんが食べたい!

と友人が言ったとして

ぴんと
(なぜ、うどんが食べたいんだろう?)

と疑問に持つと、本質の候補が見えてきます。

昨日飲みすぎて、消化に良いものが食べたい!

急ぎの用事があるから、手軽に食べれるものがいい!

 

などなど、その人の発言、行為には
必ず何かしらの本質が隠れているわけで!

普段、日常で使っているもの全て
本質が、理由があって存在しています。

まとめると

目の前にある、モノゴトを見たときは

ぴんと
なんのために存在するのか?

と疑問を持つことを習慣にすることが大事!

言葉、行為、モノ、すべてに
「なぜ?」と自問することで

本質を見抜ける思考力を高めることができるので
ぜひ実践して、ボーリングのセンターピンを倒して
少ない労力で大きな成果を生み出してみてくださいね!

1を聞いて10わかる人になりたい方は、こちらの記事もぜひ!

おわりに

あなたは本質を見抜くことができたでしょうか?

疑問をもつことは、本質を見抜くだけなく
コミュニケーションや仕事にも使えるスキルです。

どんなことでも、何かしらの意図は必ず存在します。

その本質に気づくことができれば
言葉が、行動が、結果が
そして、見える世界が変わってくるので

ぼくも含め、一緒に思考力を高めていきましょい!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!

今回紹介した、2冊の書評記事が
気になる方はこちらの記事もぜひ!