【書評Lv.179】人生をムダにしない時間管理術とは?『すごい効率化』

この記事を書いた人

柿田ぴんと
都内ではたらくWebマーケター!
ビジネス書の書評ブログやってます!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今日紹介する1冊はこちら

すごい効率化金川 顕教

本書は、最小の時間と労力で
最大の成果を出す仕事の効率化メソッドを紹介!

14日間のプログラム形式で伝える
無駄なく効率的に仕事をこなす裏技とは何なのか?

ぴんと
さっそく書評していきたいと思います!

【本の内容】
PDCAはもう古い!爆速で結果が出るCAPDメソッドを公開。
やらないことを決めるだけで全てがうまく回り出す。
最強の「働き方改革」が一人で実践できる1冊。

無駄にした時間にお金を払って時給思考を身につける

ここでは、超効率・時間管理術について!

本書では、時間の管理をうまくするために
時給思考で時間を考えるという方法を紹介しており

「自分の1時間というのが、時給換算するとこのくらいの金額で、1時間使うとこれだけ損をする」

というのを常に意識することが大事だといいます!

 例えばバラエティ番組を1時間見ていても、スマホでSNSやゲームをやって1時間過ごしても、何か損をしたという感覚にはならないと思います。確かにちょっと時間を無駄にした気はするとしても、普通の人はそれほど罪悪感を感じないはずです。

 では、もし何かの物やサービスも得られないのに、2000円払わなくてはいけないとしたら、どう感じるでしょう?

 おそらく皆さんは、ものすごく損をした気分になるはずです。
そんな無駄なことは絶対にしたくない、2000円あったらあれもこれも買えるはずだ、と思いませんか?

ぴんと
めっちゃ損してると思う!2000円あったら、ラーメン3杯食える!!

と時給換算するだけで
めちゃんこ勿体なく感じる!!

ちなみに、月収30万円で平日8時間労働で
働いた人の時給はだいたい2000円くらいで

これが経営者や、起業家であれば
その時間でもっとお金を稼ぐこともできるっていう!

時間の浪費が直接お金を失うことにつながる
身に沁みて感じるし、時給思考が全然持ててないなと。

そこで本書では、時間を浪費することを感じるために

時間に対してお金を払ってみる

ということを実践してみてほしいと!

 1時間バラエティ番組をぼーっと見てしまったら、2000円まででなくても、1000円札を貯金箱に入れるようにするのです。

 何となく過ごした時間が1時間あれば、貯金箱にお金を入れることにして、1ヶ月ほど生活してみましょう。もしこれで2万円貯まったら、1ヶ月トータル 20 時間も無駄にしていたことが判明します。

 1時間ぼんやりしただけではなく、朝活 30 分をサボった日があれば500円を入れるといったように、自分で決めた予定を守れなかったときにお金を入れるのもいいでしょう。

これ休日に実際にやってみたら

朝起きれなくて、500円を入れて
2時間Youtube見て、2000円入れて
さらに1時間昼寝して、1000円入れて

3500円も溜まって驚愕するっていう!!

自分のお金だから、実際には損してないけど
普段それくらい時間とお金をムダにしてることを痛感。

あと、友達と一緒にやってみるのも面白そう!

「今日、本を読まなかったら1000円な!」

なんて言われたら、絶対時間管理に励む。

ですので、時間管理をしたい人は

自分の時間に対して、実際にお金を払ってみる

という時給思考を身につけてみてくださいね!

時間をさらに生み出したい人はこちらの記事もぜひ!

スポンサーリンク

常に時間を意識することで効率化思考を磨く

次に本書では、仕事の進捗やスケジュールなど
時間全般の管理ができていない人たちを見ていると

無意識の時間が多いように感じるとのこと!

「無意識の時間」ってのは
言い換えると「無駄な時間」ってことで

今が何のための時間なのかという意識的な時間でなく
ただなんとなく過ごしてしまっているという意味だと!

そこで本書では、日常を例にわかりやすく紹介。

 飲み会という時間であっても、これは職場の先輩や同僚たちとの信頼関係を強化するため、チームとしてより良い仕事をするために必要な時間である、と捉えれば、意識的な時間の使い方であり決して無駄ではありません。

 今日は家に帰ってのんびりお酒を飲もう、という日でも、アイデアを生み出すためにリラックスして自分と対話する時間だと思えば、意味があるわけです。

そう考えると、寝る時間ですら
朝一番から集中して仕事するため
という意識を持てば、有意義な時間だなと。

つまり

今自分がしていることが何のための時間なのか

ということを常に意識すれば
結果的にムダな時間がなくなってわけで!

意識できなかったら

誘われたから飲み会に行った!
ぼーっと家でテレビを見ながらスマホぽちぽち!
んで気づけば、眠くなって寝てしまった!

みたいに、何をしていたか思い出せない
無意識な時間ばかりになってしまうと・・・

一見意味がないように見える仕事や時間の使い方でも

「何のためなのか?」を自分で意識して使っていれば
行動に意味を見出すことも可能なので、日々の行動に意図を持って過ごしていきたいですね!

成功者の時間管理を身に着けたい人はこちらの記事もぜひ!

時間を大事にするための「即断即決」の練習

時間を大切にし、意識的に過ごせたとして

次に大事になってくるのは
即断即決をするということ!

ぼくは優柔不断な部分があるので
ひじょーーに苦手な分野なわけですが

自分の時間が大事であれば
余計なことに迷っている暇がないのも事実。

そうは言っても、即断即決できないし
あれこれ比較したり、目移りしたりで
決めるのに時間がかかってしまうわけで!

そこで本書では、練習として

ランチを1秒で決めるという方法を紹介!

私も昔、このランチ選びで練習をしました。
こうした小さな成功体験を積み重ねることで、次第に仕事でも即断即決ができるようになっていきます。

ランチで悩んでしまう人というのは、結局何でも悩んでしまう人です。

悩んだら即「今日のおすすめ」にするとか、とにかくすぐ決めることを2週間から1ヶ月は続けてみましょう。

本を買う時、飲み物や消耗品を選ぶ時
できるだけ日常生活で毎日やってみると

実は、後悔しないことの方が多いっていう!

しかも何回もやってると
大体自分のパターンがわかってきて

選ぶまでもなくあらかじめ決めている状態

になるので、結果、決断する機会が減り
脳の消費を抑えられて、集中力がアップすると!

そもそも、優柔不断な時は
すでに疲れているってこともあったりするので

なるべく、日常における事柄は即断即決!

とくに仕事においては、テンプレート化
習慣化できれば非常に有効になってくるので

決断回数はできる限り減らすよう意識していきましょい!

優柔不断をなおし、決断力を高めたい人はこちらの記事もぜひ!

スポンサーリンク

まとめ『すごい効率化』

すごい効率化金川 顕教

いかがでしたでしょうか?

・時給思考を持って、自分の時間に対して、実際にお金を払ってみる
・「今自分がしていることが何のための時間なのか」と常に意識することで、ムダな時間がなくなっていく
・何事も即断即決、決断回数を減らして脳の力を節約する

個人的には、時給思考が感動すぎて
これを始めてから、みるみるお金が溜まる

目に見えてムダな時間がわかるので
それだけでも本書を読んでよかったなと

他の項目も、すごく中身の濃くて
Amazonの評価が高いのも頷ける1冊でした!

本書は上記以外にも

・毎日集中できる環境の作り方
・10分刻みでやることをこなすだけ
・同じ24時間で結果を出すには
・テレビのない生活を体験してみる
・スマホに反応しない練習
・仕事を速く終わらせる3つの条件
・ミスなく人に動いてもらう秘訣
・「完璧主義」より「適当主義」で始めよう
・自分ブランディングでファンを作る

などなど、最小の時間と労力で
最大の成果を出す仕事の効率化メソッドを紹介!

「無駄なく効率的に仕事をこなしたい!」

そう思う方にはオススメの1冊なのでぜひ
本書を読んで最強の「働き方改革」を実践してみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき
ありがとうございました!