【書評Lv.178】人生をラクにする「正しい考え方」とは?『これも修行のうち。 あらゆる悩みに「反応しない」生活』

この記事を書いた人

柿田ぴんと
都内ではたらくWebマーケター!
ビジネス書の書評ブログやってます!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今日紹介する1冊はこちら

これも修行のうち。 あらゆる悩みに「反応しない」生活草薙龍瞬

本書は、人間関係、失敗、病気、心配事…

あらゆるツライことを上手に消す」心の習慣を紹介!

今回は50個の修行の中から
日常生活、仕事で使える「考え方」のプチ修行について

ぴんと
さっそく書評していきたいと思います!

【本の内容】
「これも修行のうち」―この口グセ(心の使い方)で、すべて変わる!「不安」も「怒り」もすべて妄想だったと気づけます。「シャワー」を浴びる、目を閉じ「食べる」、ネコを「愛でる」…「嫌いな上司よ、ありがとう」―イヤなことは「自分を磨く」ツールになる。日常生活、仕事で使えるプチ修行50。

「方向は何?」と自問する

まず本書では「考え方」の大切さについて

 考え方が大事なのは、「道を妨げる思いがたくさんあるから」です。

 自分にとって大事なモノゴト、喜びや良好な人間関係、持っている能力の発揮など、ほんとはそちらに心を使わなければいけないのに、アタマはゴミみたいな雑念で一杯です。
欲望、怒り、暗い妄想や慢(プライド)など、なくてもいい思いに占領されています。

どこに向かっているかわからない
このままでいいのか確信が持てない

こうした心の状態ってよくあるなと。

そこで本書では、こうした
さまよえる状態を抜け出すのに

「正しい考え方」が必要だといいます。

「正しい考え方」は、三つで構成されていて

正しい方向を見定める
 (目的を明確にする)

正しい方法を実践する
 (目的に近づける方法を実践する)

正しい心の前提に立つ
 (クリーンな心の状態に立つ)
 

この「方向、方法、前提」が”心の指針”になると。

この記事では
①方向性について
見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

妄想と方向性は違うと知る

本書では、方向性とは

たどり着きたい将来の自分のことで

仕事だったり、家族のあり方、心の状態だったりすると!

方向性で肝心なのは「正しい方向性」
つまり、「苦しみがない状態」のことで

「妄想と方向性は違う」という理解が大事だと本書!

その違いについて

○妄想は、ただ妄想しているだけで行動しない。
しかも、疑いや不安や後悔など暗い妄想もある。
(執着が強い人間は、暗い妄想のほうが得意)

○方向性は、最初に考えるだけで、直ちに行動に移す。
あとは、たどり着くための方法(具体的な作業)に専念する。

つまり、妄想と方向性の違いは

行動しないのが妄想で、行動に移すのが方向性

ちなみに、自分を変えることができない人も
この妄想と方向性の区別ができていないんですよね。

例えば

「今日からダイエットする!」と決めたのに
結局はできず、失敗してしまうことってありますよね。

その理由は、意識(妄想)は変えることができないことに気づいていないからで!

意識(妄想)ではなくて「具体的な何か」を変えなきゃいけないんですよね。

ここでいう、具体的な何かは
「行動」を変えるということで

ダイエットなら

ぴん子
3ヶ月で10キロ痩せる!

みたいに意識(妄想)を変えるだけじゃ痩せるはずなく

ぴんと
毎日ランニング30分!
食後のアイスをやめる!

みたいに行動を変えれば
「ダイエットをする」と意識しなくても
自ずと、ダイエットは成功するっていう!

つまり、変われない人は

未来の自分を想像してワクワクしてるだけで、何も行動しない人

逆に、自分を変えられる人は

目標のために何をするかが明確で
行動することを第一に考えてる人

まとめると、成長は行動でしか生み出せず
人間が変わるのは立って何かをした時だけ!

ですので、方向性という
たどり着きたい将来の自分がある人は

「妄想」「方向性」を区別しながら
具体的な行動に落とし込んでいきましょい!

成功を収めたい人はこちらの記事もぜひ!

「この情報、役に立つのか」と自問する

本書では「方向性見定める」うえで

方向として役に立たないものには、なるべく近づかない

という考えが大切だといいます。

そこで日常がどれだけ妄想で溢れているかについて

 今の時代のように、ネット、スマホ、テレビといった「妄想拡大装置」が、ますます簡単・便利になりつつある状況では、いっそう重要な意味を持ってきます。

 というのも、世に氾濫する情報に無防備に反応すれば、大量の妄想を発生させて、脳はパンパンにふくれ上がります。心には、新鮮な感覚も、喜びの感情も、仕事や学びで鍛えられる思考もありうるのに、アタマには「ニュース一覧」や「これもオススメ」や「忘れられていた芸能人情報」や「ついクリックしてしまう面白動画」が一気に流れ込んできます。

ぼくもこの「妄想の海」
浸ってしまうことは多くて

つい頭のなかで色々考えては
作業が止まることもしばしば!

ちなみに、人間って
1日に6万回もの思考を繰り返してて
毎日めちゃくちゃ妄想してるんですよね。

たとえば、ぼくの場合だと

「仕事終わったらラーメン食べてえ!」
「明日の本は何を書評しようかな?」
「次の休みはどこに行こうかな!」

みたいに、これから起こるであろう
未来についての思考を妄想しまくってて!

それは過去に関しても同じで

「昨日の飲み会、余計なこと言っちまった!」
「去年の夏に行った旅行、めっちゃ良かった!」
「さっきの電話の話し方、ムカッときた!!!」

って過去についての思考妄想しまくってるっていう!

こうした「過去」「未来」に関する妄想が
絶え間なく洪水のように押し寄せてくると

「妄想」と「方向性」の区別ができず
理想の自分から遠ざかってしまうので

妄想に気づき、今集中すべきことに
取り組む習慣を身につけていきましょい!

柿田ぴんとオススメの1冊でもある
本書の著者、別作品の書評記事もぜひ!

スポンサーリンク

まとめ『これも修行のうち。 あらゆる悩みに「反応しない」生活』

これも修行のうち。 あらゆる悩みに「反応しない」生活草薙龍瞬

いかがでしたでしょうか?

【正しい考え方】
正しい方向を見定める
 (目的を明確にする)

正しい方法を実践する
 (目的に近づける方法を実践する)

正しい心の前提に立つ
 (クリーンな心の状態に立つ)
 

・妄想は、ただ妄想しているだけで行動しない。
・方向性は、最初に考えるだけで、直ちに行動に移す。
・妄想に気づき、方向として役に立たないものには、なるべく近づかない。

妄想と方向性の割合が人生を決める

どんなにやりたいことがあっても
行動に移さなければ意味がなくて

行動した分だけ、結果がでる
簡単なようで難しい、人生の法則。

本書では、そのような考えだけでなく
感情のコントロールもできる1冊なので
生きづらさを感じている人にはオススメ!

本書は上記以外にも

・不快な反応を外から眺める
・怒れない心を育てる
・「怒りの割合」を数値化してみる
・「お役に立てればよし」と考える
・「自分を知っている」人は孤独に強い
・「ヤル気の正体」を知る
・人生に立ち止まらないための考え方
・イラッとしたら「足の裏」

などなど

人間関係、失敗、病気、心配事

あらゆるツライことを
上手に消す」心の習慣
プチ修行を50個を紹介しています!

日々の出来事にムダに反応しない
ストレス・悩みを引きずらない

そんな、新しい毎日を過ごしたい人は

「毎日起こる、ちょっとイヤなこと」に向き合う
「心の持ち方」を本書で手に入れてみくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき
ありがとうございました!