【書評Lv.25】お金持ちになる人の考え方とは?『神様に喜ばれる人とお金のレッスン』

この記事を書いた人

柿田ぴんと
チョコモナカジャンボが好き!
1日1冊ビジネス書を書評してます!

誰しも人生1度は、
「お金持ちになってみたい!!」
と超絶に思うことはあると思います。
 
けれども、
「お金もちになる人が、どんな生き方や、思考をしているのか?」
について考えたことのある人は、意外と少ないのではないでしょうか?
 
そこで、今日紹介する本は
 
『神様に喜ばれる人とお金のレッスン』
 
本書に出てくる、斎藤一人(さいとうひとり)さんは
1993年〜2001年の9年間で138億円もの税金を納め
毎年、全国高額納税者番付(総合)10位以内にランクインするようなお金持ちです。(年収30億すげえ・・・)
 
その斎藤一人さんが、69年間生きてきた中で
どういう人が成功し、お金も人も集まってくるのか?を
本書ではわかりやすく解説しているので
 
「どういう人がお金持ちになれるのか?」今日は書評していきたいと思います!
 

人はみんな、誰もが「お金持ち」

 
「お金がない!」
 
人生で何百回言った、聞いた言葉かわかりませんが
斎藤一人さん曰く、人はみんな「お金持ち」なんですよね。
 
それは一体どういうことなんでしょう?
 
ここでは、
斎藤一人さんが著者の高津りえさんがお食事をしながら
「お金が集まってくる人はどういう人か?」
について話してくれています。
「『お金がない』って言う方たちが困っているのは本当だけれど、まったくお金がないわけじゃないんですよね」
「りえちゃん、すごくむなしい言葉って、何かわかるかい?
『当たり前』だよ。これほど、むなしく響く言霊(ことだま)はないだろう?
 今、私たちはこうしてご飯を食べているけれど、これは『当たり前』のことじゃないよな。がんばって稼いだ自分や、支払ってくれた人に『ありがとう』だし、命をはぐくんでくれた神様にも、命を分け与えてくれた生き物にも、食材として調達してくれた人、こんなにおいしい鮨(すし)を握ってくれる大将、みんなに『ありがとう』だよね。
 手元のお金に対して、あって『当たり前』と思うと、人は感謝しなくなる。もっと悪くすると、お金に対して、『これっぽっちしかない』って文句ばかり言うようになるだろうね。すると、お金の神様に嫌われて、お金が長居をしてくれなくなるんだ。
 
なるほど、今財布を確認してみたら
7678円、たしかにお金はあるな・・・
 
まずは、人はみんな「お金持ち」という
当たり前のことに気づくことが大切なんですね。
 
友達に無視されると腹が立ちますよね?
 
こういうことが続くと
「なんで無視するんだ!あいつはもう嫌い!」
とその人から距離をとろうとしますよね。
 
お金も一緒で、無視されると怒ってどっか行っちゃおうとするんですよ。
 
1円や5円を、3歳くらいの子供だとして
財布に1円が入ってるのに「お金がない!」なんて言ってみてなされ

そしたら、親(5000円や1万円)が
「なんでうちの子を無視するの!」って怒ってくるようなイメージ。
 
逆に、1円や5円を大事にする人はどうでしょう?
「いつもうちの子に優しくしてくれてありがとう。」
その親である、樋口一葉さんと、福沢諭吉さんがお礼にやってくるのではないでしょうか?
 
つまり、お金に感謝しなければ
お金の神様が自分のことを嫌いになって離れていってしまうんですね。
 
そもそも人は「不足しているもの」にフォーカスしがちな傾向があります。
 
テストで、80点とっても
親に「あと20点で100点だったね!」とか
 
仕事で資料を提出したら
上司に「ここ大事なところが抜けている!おまえのそういうところがダメなんだ!」とか
 
その人には、すでにできていること、良いところがたくさんあるのに、
足りないところを指摘されると、悲しくなってきますよね。
 
お金も同じなんです。
 
親からしたら子供は生きているだけでも嬉しいこと
1円や5円も可愛い子どもたち、そう思うと可愛く見えてきませんか?
 
「当たり前」の反対は「有り難い(めったにない)」
 
まずは日々ある、「当たり前」に気づきましょう。
そして、今あるお金を大切にすることができれば
きっと、お金の神様が長居するようになるのではないでしょうか?
 
スポンサーリンク

人を惹きつける魅力ある人に、お金が集まります

 
「あなただからこそ、お願いしたい!」
 
そう思ってもらえる魅力がある人は、
「幸せなお金持ち」の道を歩むことができる!と斎藤一人さんは言います。
 
では、魅力のある人とはどういう人なのか?
 

一人さんと食事に行ったときの話です。
 そこは、初めて入った焼鳥屋さんでした。少し混んでいたからか、ホール係の人はなかなか注文を取りに来ないし、最初のおしぼりとお水も出てきませんでした。
 カウンターの中で調理をする人たちは、むっつりと黙り込み、「いらっしゃいませ」や「ありがとうございました」を言うのは自分たちの仕事ではないといった風情です。
 働いている人同士にフォローし合う雰囲気や笑顔がないので、どこかしら、みんな不機嫌そうに見えてしまいます。私は、「せっかくおいしい焼鳥を出しているのに、愛の波動がないのは、もったいないな」と感じていました。

「魅力の問題だよなあ」

 そのお店からの帰り道で、一人さんがそう言いました。
「焼鳥屋さんなんだから、『焼鳥の味を追求してます』っていうのもいいんだけど、それよりも『あんた自身に魅力はあるのかい?』と私は言いたいよ。さっきの焼鳥をイケメン俳優や人気アイドルが焼いていたら、それだけで大行列ができちゃうよね」

 
ここでいう魅力というのは、
「あなただから、お願いしたい!」
と思うような、その人の価値だとぼくは思います。
 
最近のニュースでいうなら、
羽生結弦選手のスケート靴が、850万円でオークション落札されたのも
魅力があるからその値段の価値がついた!といえるのではないでしょうか?
 
柿田ぴんとのスケート靴売ります!
なんて言ってみてくださいよ。
 
買いたい!と思う人は少ないんじゃないでしょうか。
 
 
 
 
 
いや、それもなんか悔しいので、
次のオリンピック金メダルとってやろうかちくしょう!!!
 
そんなことはおいといて
ここで伝えたいのは、
あなた自身に魅力があれば、
どんなモノや仕事であれ、お金は集まってくる!ということ
 
例えば、あなたが「ペットボトルの水」を売る営業マンだとしましょう。
いまの日本では、「ペットボトルの水」はありふれているものなので簡単には売れません。
 
そこで、営業のスキルやテクニックを完璧にマスターしたとします。
するとようやく、「ペットボトルの水」が少しずつ売れるようになってきました。
 
そう考えるとどうでしょう?
世の中にすでにあるものを売るのは、すごく難しいことだと思いませんか?
 
けれども、もし、もしよ???
「ペットボトルの水」
かの有名なジャ◯ーズグループお客さんに直接売るとしたらどうなると思います?
 
もうバカ売れですよ
お客さん大殺到して、「ペットボトルの水」が売れに売れまくる!
入場規制なんかかかっちゃって、気づけば売上何百倍!なんてね。
 
つまりここで言いたいことは、
 
人が何かを購入するときは
よほど商品が差別化できていない場合を除いて
「商品」ではなく、「人」を見ているということなんですね。
 
営業のスキルテクニックも大事ですけど、
その人の魅力には勝つことができません。
 
なので、「お金持ちになりたい!」と思う人はまず!
「あなただから買いたい!」と思われるような
みんなに好かれる、魅力のある人を目指してみてはいかがでしょうか?
 
 
 

見た目を整えることが、幸せなお金持ちの近道

 
ではまず、魅力的な人になる1つのコツとして
「外見を整えること」が大事になってきます。
 
幸せなお金持ちには
 
①天(神様)のご加護 → 髪のツヤ
②世間(人)のご加護 → 顔のツヤ
③地(ご先祖様)のご加護 → 靴のツヤ
  
の3つのツヤを出すことが大切で
このうちどれか1つでもかけていたら、
お金を豊かに持ち続けることはできなくなってしまうと本書では説明しています。
 
ではその3つのツヤを簡単に説明していきますね。
 

[天のご加護]
「神様」に通じる髪をツヤツヤに
 どんなに服装やメイクがバッチリでも、ヘアスタイルがボサボサに乱れていたり、髪の毛がパサパサに傷んでいたりしたら、その人の魅力は激減してしまいます。髪が周囲の人に与える印象は、自分で思っているよりもずっと大きいものなのです。

 

[世間のご加護]
人に好かれる「福相」のカギは、ツヤと笑顔
 世間に好かれないままで、どんなに「お金に好かれたい」と思っても、実現することはできません。
「いくら性格がよくても、顔がカサカサで無表情な人は成功しない」
 これが、一人さんの教えです。ツヤツヤの肌で、いつもニコニコしている人がいたら、とても景気がよさそうに見えますよね。人から好かれる「福相」には、笑顔とツヤが欠かせません。

 

[地のご加護]
ピカピカの靴で、ご先祖様に守られた「幸せの道」を歩む
 私たちは、ねんねからハイハイの赤ちゃん時代を過ごして、しっかりと自分の足で大地を踏みしめる大人になりました。あなたが生まれてから今日まで歩んできたのは、たくさんのご先祖様たちが守って、紡いでくれた幸せの道です。その大切な道を歩くあなたの足元を守ってくれる靴を、いつもピカピカに磨いておきましょう。

 
髪も顔も靴もそうですけど
見た目がキレイで、清潔な人って安心感がありますよね。
 
例えば、
仮に、あなたがお腹を壊して道で座っていたとして、そこに人が通りかかります。  
 
めちゃんこボロボロの服を着た老人が、
「大丈夫かい?このを飲むといい」と白い錠剤を渡してきました。  
 
さて、この薬をあなたは飲めるでしょうか?  
 
おそらく飲むのに躊躇する方が多いと思います。
 
続いて、もう1人現れました。  
こんどは白衣を着ていて、おそらくドクターです。
 
見た目もしっかりしていて、なんとなく清潔感があります。
「大丈夫ですか?このを飲むといいですよ」と白い錠剤を渡してきました。  
 
おそらく、こちらなら少なからず
飲んでみようかな?と思うのではないでしょうか?  
 
もしかすると両者とも同じかもしれません。  
けれども、清潔感がないというだけで、安心して飲むことはできなくなる可能性もあります。  
 
つまり1番伝えたいことは、
人は見た目がすべてではないけれども
見た目が入り口であるということ!
                
オシャレは自分のためにするものではなく、
一緒にいる人のためにするものなんですね。
 
料理もそう。
味は一緒でも、見た目がグチャグチャのものと
盛り付けまできれいにされているもの
どちらが食べたいと思うでしょうか?
 
魅力も同じです。
髪はキレイに清潔に!
表情は豊かに笑顔に!
そして靴はピカピカに!
まずは見た目を磨くことが、
魅力のある人になる第一歩ではないでしょうか?
 
 
スポンサーリンク

おわりに『神様に喜ばれる人とお金のレッスン』

 
『神様に喜ばれる人とお金のレッスン』
いかがでしたでしょうか?
 
お金持ちになるテクニックというより
人としてのあり方を叩き直されるような1冊でした!
 
まとめると
 
人はみんな、誰もが「お金持ち」
「当たり前」に気づき、感謝するとお金が長居してくれるようになる!
まずは、周りにある「当たり前」を探してみましょう!
 
魅力のある人間には、人もお金も集まる
「あなただからお願いしたい!」と言われるような
周りから好かれる、信頼される人になる!
どうすれば相手が喜んでくれるかを考え、行動してみよう!
 
見た目を変えることが、幸せなお金持ちの近道
見た目がまずは魅力を感じてもらう入り口!
まずは笑顔を心がけて、相手に話しかけてみよう!
 
今回は、お金についての考え方や、
魅力の大切さについて紹介していきましたが
 
本書では
 
第1章:神様に喜ばれる幸せなお金持ちの道
第2章:人とお金を引き寄せる仕事のしかた
第3章:人とお金に好かれる人間関係のルール
第4章:豊かさを呼ぶ幸せなお金持ちの習慣
第5章;神様に喜ばれる人の5つの物語
 
 
などなど
 
人間関係や、幸せな生き方
不安や悩みなども解決してくれる内容
たくさん含まれているので、
人と関わる職業すべての人に読んでほしい1冊となっております!
 
「どういう生き方をすれば、お金は集まってくるのか?」
 
少しでも気になった方は、本書を手にとってみてくださいね!
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!