【書評Lv.84】スラムダンクはなぜ面白いのか?『メンタリストDaiGoの心を強くする300の言葉』

この記事を書いた人

柿田ぴんと
チョコモナカジャンボが好き!
1日1冊ビジネス書を書評してます!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今日紹介する1冊はこちら

メンタリストDaiGoの心を強くする300の言葉

本書は21万人が支持する
Twitter(@Mentalist_DaiGo)の格言を紹介!

夢に向かってくじけそうな時
人間関係のしがらみにとらわれそうな時
心がモヤモヤした時
もっと頑張りたいと思った時

いつでも気が向いた時に
心が強くなる言葉が満載となっております!

今回はその中でも
気になった言葉、格言について
さっそく書評していきたいと思います!

☆本の内容
この1冊で悩みが嘘のようになくなり、人生が一瞬で好転する。愛猫「ぬこ様」も癒し役で登場。

良いアイデアを出すには?

アイデアは質を求めたときよりも、量を求めたときに生まれることがわかっている
     いいものを最初からつくろうとすると、手が止まって考え込んでしまうが、たくさんつくろうとすると、つくっている間にコツを掴める上に、奇跡が起こる可能性も高まる。

これは僕も実践していて
たくさんのアイデアを出すことで
アイデア同士を比較できるし
掛け合わせることも可能
になるんですね!

んで、ある程度アイデアの数がそろった段階で
絞り込みをかけて質を高めていく
と!

実はこの方法は
『パーチョキグーの理論』というもので

まずは垣根を取り払い
手のひらを大きく広げるようにアイデアを出す!

次にそこからチョキでまとめたり切り捨てる!

そして最後にグーで1つに絞り込み
その絞り込んだものに徹底的に力を入れて実行する!

この「アイデアをたくさん出してから絞り込む習慣」を身につけると、結果的に良い判断や選択肢を選ぶことができるようになるのが特徴!

量に重点を置いた思考をすると
無理やり、思考の枠を広げて
様々な可能性を追求しなきゃならん
くて!

様々な可能性を追及する行動をとると
個人の仕事の仕方にも変化が起こるし
より質の高い仕事になっていく
と!

「自分のやり方に固執している」
「発想が乏しい」と言われないためにも
アイデアをたくさん出す習慣を身につけ
新たな可能性を見つけ、問題解決力を高め
仕事のスピードと質を上げていきたいものですね!

スポンサーリンク

自分のダメな所を好きになれないあなたへ

自分の性格のダメなところばかりに目を向けて、直しても、おもしろみのない人間になる。
     山や谷があるから風景は美しいように、ぬきんでた長所を伸ばすほうが、魅力的。

ダメなところを直しても
おもしろみのない人間になる。

まさにそのとおりで、欠点は
「あなたに欠かせない点」なんですよね。

これはぼくが好きな話なんですけど

あの国民的人気マンガ
『スラムダンク』が成功した秘訣も
なんでもできるオールマイティな人間を
絶対に作らないことなんですよね!

主人公の桜木花道は才能はあるが経験がない!
ライバルの流川楓は天才だけど体力がない!
宮城リョータは敏捷性はピカイチだが身長が低い!

みたいに、登場人物に何かしら欠点があると!

おいおい、待てよと。
1人だけ、欠点がない選手がいるだろうと!

そう、仙道彰!

身長は190cm、バスケセンス抜群で
個人プレーだけでなく、チーム全体を活かすプレーもできる!
ぼくが1番好きな選手なわけですが

そんな仙道にも、欠点はあると!

それは
「ここ1番の試合で必ず負けてしまう、運のなさ」
だからこそ、めちゃんこ勝ってほしいと
ついつい応援してしまうわけですが!

つまり、必ず登場人物に欠点をつくる
それが漫画を面白くするコツなんですね!

ここで、話はそれるんですが
『サラリーマン金太郎』の著者の言葉を紹介!(書評しろ)

「私は、幸いなことに、絵が下手である。」
 マンガ家のくせに絵が下手なことが、なぜ幸いなのか。
 下手だから、絵を人にまかせられる。おそらく日本中でいちばん、机の前に座っていないマンガ家だろう。ブラブラする時間があることは、他のマンガ家にくらべ、私は有利だと思っている。何事もそうだ。自分の欠点を逆に活かせば、それは他人にない武器となる。
ぴんと
欠点こそ、魅力的になり、味わいになり、そして、自分の武器になると!

そう思うと、欠点っているなと
むしろ自分の長所になるやんと!

ぼくは、人生はパズルだと思ってて
じぶんの凹んでいるところが
誰かの凸とつながるからこそパズルは完成する。

だめなピースなんて一つもなくて
「この部分は欠点だからいらね!!」
ってひとつでも捨ててしまえば
パズルは永遠に完成しないんですね。

欠点は自分を構成するうえでなくてはならない
あなたにとっての、欠かせない点!

欠点を直すのでなく活かす。
じぶんの持ち味を発揮していきたいですね!

その他メンタリストDaiGo格言集

その他、気になった格言集を
簡単に紹介していきたいと思います!

相手の話を聞くときには、その内容よりも意図に注目すること。
全てのコミュニケーションには意図がある、相手はあなたに何か影響を与えたい。
何か特定の印象を与えたくて話をしているのだ。

文句ばかり言ってる人は、天に向かって唾を吐いているようなもの。
 結局それは自分に返ってくる。文句や愚痴を言っていると、それを言わないときよりも仕事がつまらなく感じられ、感じるストレスも多くなる。自分の首をしめるのはやめよう。

空の容器ほど叩けば大きな音がするように、頭の中が空っぽで中身の無い人間ほどうるさく些末なことを騒ぎ立てる。どうでもいいことを延々と騒ぎ立てる人間が、あなたの近くにいたら、その人とはあまりかかわらないほうがいいかもしれない。

証明が暗く、低音の音楽をかけると人はたくさん食べるようになる。
この戦略を使っている飲食店はすごい。

見た目などの外見のコンプレックスよりも、
性格などの内面のコンプレックスのほうが克服するのが難しい。
心を移す鏡が無いので、ほとんどの人が自分を過小評価してしまっている。

敵意と戦うための最も強力な武器は、好意だ。
今日は敵に好意を向けよう。形だけでもあえて感謝してみよう。
あなたの感謝が相手の心に刺さり、罪悪感が積み重なっていく。
そしてそれに耐えられなくなった敵は、あなたに最大限の好意を向けるようになる。

嫌われないようにすることと好かれることは概念が違う。
嫌われないようにすると、消極的で臆病になるが
好かれようとすれば、積極的に他社に貢献するようになる
そして自信がつくので、自分を好きになれる。

スポンサーリンク

まとめ『メンタリストDaiGoの心を強くする300の言葉』

メンタリストDaiGoの心を強くする300の言葉
いかがでしたでしょうか?

・アイデアは量を求めたときに生まれる
・欠点はあなたにとって「欠かせない点」

短い言葉でも、核心をつくような
勇気をもらえる1冊だったと思います!

そして本書の終わりにある
DaiGoさんのお言葉!

私の言葉で勇気をもらったと
言ってもらえるのは嬉しいけど、それは違う。
その勇気はあなたがもともともっていたものだ。
ちょっとしたきっかけで自分が勇気ある存在であることに気付いてほしい。
あなたはじぶんの未来を自分で選ぶことができる。
勇気ある存在なのだ。

じぶんの人生は
いままで自分が選択してきた結果だなと!

さらに本書では

人間関係で悩んでいるあなたに
夢に向かって進んでいるあなたに
毎日ヘトヘトのあなたに
人生の岐路に立たされているあなたに

いままであった悩みをなくし
心が強くなる300の言葉が紹介されています!

毎日の生活の送り方や視点が変わる1冊だと思うので
何かに悩んでいる方はぜひ本書を読んでみてくださいね!

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!