【書評Lv.191】幸せになるための原理原則とは?『営業マンは「お願い」するな!』

この記事を書いた人

柿田ぴんと
都内ではたらくWebマーケター!
ビジネス書の書評ブログやってます!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今日紹介する1冊はこちら

営業マンは「お願い」するな!加賀田 晃

本書は、「契約率99%」という
脅威の記録を誇った「営業の神様」が語る

どんなものでも、即決させる営業方法を紹介!

お客から感謝される
営業マンになるための考え方、テクニックとは何なのか?

ぴんと
さっそく書評していきたいと思います!

【本の内容】
契約率99%の「営業の神様」がのべ800社を超える3万人以上の営業マンに伝授した、「買ってもらう」から「売ってあげる」営業マンに変身する方法。

幸せになりたい、先に相手を満たすこと

あなたはだれのために仕事をしているか?

本書では、ほとんどの人は「自分のため」と答え

どんなきれいごとを言おうが
人は結局自分がいちばん大事であるといいます。

しかし、ものには順番というものがあり

大事な自分を満足させるためには
まずは目の前の、妻、子、友、部下、お客様

相手をを先に満たさなければ
けっして自分は満たされることはなくて。

私生活であれ、ビジネスであれ

自分のことを考えて相手を疎かにすれば
まちがいなく相手から敬遠され、拒絶され
悲惨な結果を招くことになるんですよね。

本書では、山びこ、飲食店を例にわかりやすく紹介!

 人生とはまさに〝山びこ〟であり、相手を幸福にしてあげれば、結果としてこちらも幸福になり、相手を不幸にすれば、こちらもまちがいなく不幸になる。至極単純にして、永遠普遍の真理です。

 たとえば飲食店としましょう。
 自分の 儲けだけを考えて、食材や調理法を「こんなもんでいいだろう」と適当にすませたら、顧客の不満と怒りを買い、客足は減り、やがて閉店となる。

しかし「もっと」満足いただくためにああしよう、こうしようと努力を怠らないお店は、顧客からも感謝され、やがて百階建てのビルを建てることになる。

まさに人生の道理だと、思うわけですが

保険営業の電話を家族にかけるときも
自分のため、相手のためはわかることがあるなと。

ぴんと
兄ちゃん!生命保険の仕事はじめたらか、よかったらひとつはいってよ!おねがい!

この言葉には
相手のを思う気持ちはないし
自分のために頼んでいる感がMAXで!

逆に、相手のことを思うのであれば

ぴんと
兄ちゃん!人生何が起きるかわからんから、何かあったときのために1つぐらい入っといたほうが安心よ。奥さんや、子どもを愛してるなら、保険ひとつぐらい入ってあげて…

みたいに、相手のことだけでなく
相手の関わる人のことまで考えて言えば、断る理由はないなと。

つまり、営業として売るための秘訣は

けっして自分のために売ろうとせず
ひたすら相手のメリットのために売る

商品を売るだけでなく、人に親切にするのも
自分のためと思う下心があれば伝わってしまうもの。

相手を喜ばせることを第一に考えて
魅力的な商品を、良好な交友関係を築いていきましょい!

「相手を喜ばせる」モテる人になりたい方はこちらの記事もぜひ!

営業マンは「幸せを運ぶ青い鳥」になるべし

著者がはじめて営業マンとして扱った商品は
「一般家庭に取り付ける防犯ベル」だったそうで

はっきりいって粗悪品で、壊れやすいというデメリットもあると。

しかし、そんな防犯ベルでもあったほうが安全で
そのベルを売らなければ

「あしたこの家に泥棒が入るかもしれない」
「悪質な営業マンがもっと粗悪な防犯ベルを売るかも知れない」

と著者はお客のために
「売ってあげる」ことを意識していたといいます。

そこで本書では
お客のもとへ向かう途中
著者の「口ずさみ」について

「私はウソをつかない。私はお客さんのためにいちばんいいものを売ってあげる。私は青い鳥である。福の神である。私から買うのがお客さんはいちばんハッピーである。私が売ってあげないと、ほかの会社のよからぬ営業マンが、よからぬ商品を不当に高い値段で売るかもしれない。売らずに帰ることは罪悪である」

つまり、営業マンは
ただ単にモノを売る仕事ではなくて

これは、書評ブログにも当てはまるなと。

売るのは本ではなくて
売るのは相手のための
読者の役に立つメリットであり

人生を快適に過ごすための
夢を実現させるためのもので!

いい本を紹介して、少しでもお役に立てたら
人と本の橋渡しが出来たら、嬉しいなと思うわけですが

そこで本書では、営業においての
「買ってもらう」「売ってあげる」ついて

 お客に「買ってもらう」——私にいわせれば、それは営業ではありません。
ただの卑しいご用聞きです。

 だいたい「買ってもらう」のはだれのためですか。自分のためでしょう。しかし営業は自分のためにモノを売ってはいけない。

この「売ってあげる」という言葉に
営業のヒントが隠されている気がする。

そもそも「買ってもらえるかどうか?」と
疑心暗鬼でびくびくしながら営業するのは違うなと。

主導権を握るのは必然的に相手になるし
「お願いします」と頭を下げるのも違和感だし

良いものを自信をもって提案して
お客から「売ってくれてありがとう!」と感謝されるのが営業の本質なのかなと。

これは日常生活でも同じ!

「相手のため」「自分のため」
「売ってあげる」「買ってあげる」

あなたはどちらに当てはまるでしょうか?

「相手のこと」を考え、より良いモノを届ける
「幸せを運ぶ青い鳥」を意識してみてくださいね!

売れる6つの質問を知りたい人はこちらの記事もぜひ!

スポンサーリンク

まとめ『営業マンは「お願い」するな!』

営業マンは「お願い」するな!加賀田 晃

いかがでしたでしょうか?

・相手を幸福にしてあげれば、結果としてこちらも幸福になる
・お客に「買ってもらう」は、ただの卑しいご用聞き
・お客さんのためにいちばんいいものを売ってあげる
・営業マンは「幸せを運ぶ青い鳥」になるべし!

売ってあげる

モノではなく、相手の役に立つメリット
利便性、快適さ、夢、幸せを売ってあげる。

この言葉を聞いた瞬間
モノを売ることに対する印象が
ガラッと変わったのを覚えていて

本書は、営業だけでなく、周りに感謝される
お互いを幸せにできる、素敵な1冊だと思いました。

本書は上記以外にも

・「営業とは何か」
・お客に「喜びと恐怖」を与えよ
・売れない営業マンほど商品説明が長い
・「いかがでしょう?」とは絶対に言うな!
・相手の言葉のプラスとマイナスを考えよ
・何も売らずに帰ることこそ無礼千万と思え
・あきらめるのは、あきらめないと決めていないから

などなど、「契約率99%」という
脅威の記録を誇った「営業の神様」が語る

どんなものでも、即決させる営業方法を紹介!

ですので、お客から感謝される
営業マンになるための考え方、テクニック
を身につけたい人はぜひ、本書を読んでみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき
ありがとうございました!