【書評Lv.147】逃げ恥に学ぶ!うつになりにくい人の特徴とは?『イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ』

この記事を書いた人

柿田ぴんと
都内ではたらくWebマーケター!
ビジネス書の書評ブログやってます!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今日紹介する1冊はこちら

イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ: 他人にも感情にも振り回されない方法玉川真里

本書は、臨床心理士としての豊富な経験

また、自身が重度のうつから
這い上がってきた経験をもとに体系化した

自分思考」で生きる方法論を紹介しています!

実体験に基づいた

イヤな気分の手放し方
自分思考で生きるためのポイント

とは一体何なのか?

ぴんと
さっそく書評していきたいと思います!

【本の内容】
視点をスイッチ!これだけで前向きになれる。
「行列のできる臨床心理士」として、復職成功率9割、3万人の自衛隊員の心を救った唯一のメソッドとは?

幸せを感じるコツは、いったん制限をかけること

ぴんと
幸せを感じたい!

と誰しも1度は、思うわけですが
多くの人は幸せをスルーしているんですよね!

昔の人は苦しいことが多くて
その中に出合う小さな幸せを
感じているのに対して

最近の人たちは
世の中が平和で便利になり
身の回りにある小さな幸せを忘れていて。

そこで本書では、幸せの感性を磨くために
モノゴトに制限をかけることを推奨しています!

 試しに、2日間歯磨きを我慢してみてください。
そうすると、面倒くさかった歯磨きが、たまらなくやりたくなります。

「やってはいけません」と言われたときの「やりたい衝動」というのはたまらないものがあります。
あと1時間、あと5分、「よっしゃ!」となったときの快感。
それを味わってみるのは、自分の経験からもすごくいいことです。

ぴんと
歯磨き2日我慢とか無理すぎる!

と思いつつも

2日我慢したあとの
歯磨きは絶対に気持ちいい。

毎日する歯磨きよりも
我慢したあとの歯磨きは格別ってことか!

そう考えてみると、同じことなのに
幸せの大きさが違うことって多々ある
なと。

一日ダラダラ過ごしたあと
暑い中、運動しまくったあと

シャワーを浴びるとしたら
どっちが気持ちいいか!

お腹が空いてない状態
3日間何も食べていない状態

どっちがご飯を美味しく感じるか!

ラーメン二郎の一口目と
食べ終わるときの一口目では

どっちが幸福感を感じるか!

同じことなのに、幸せの大きさはそれぞれ。

苦しいことや我慢の先に
大きな幸せは待っているんだなと!

まとめると、より多くの幸せを感じるには
「何かができない」という仮想空間をつくること!

顔を洗えない。
好きな飲物が飲めない。
音楽が聴けない。

なんでもいいので
制限をかけてみると

その先には、間違いなく
幸せを感じることができるので
ぜひ試してみてくだされい!

イライラ、不安、悩みを
ラクにしたい人はこちらの記事もぜひ!

スポンサーリンク

こんな「省エネ」ができる人はうつになりにくい

ここでは「うつになりにくいタイプ」について。

それは、いい加減でマイペースな人!

本書では、星野源と新垣結衣のドラマ
『逃げるは恥だが役に立つ』を例に紹介!

 ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で 新 垣 結衣さんが演じた役のように、「 小賢しい」くらいがいいのです。

 あのキャラクターは、仕事をする上では「報酬がこれくらいならこういうやり方をして効率を上げよう」というふうに、計算もちゃんとしていました。

あれはエネルギー量の計算だと思います。
それができないと何でも全力でやってしまい、エネルギーを使いすぎてしまうので、計算は必要です。

全てにエネルギーを注ぐと
心身ともに疲れてしまうのは確か。

本当に重要なことに
エネルギーを注ぐこと

仕事をするうえで大切になってくるわけで!

例えば、「太陽の光」もそうですよね。

太陽の光は色んなとこを
照らして分散しているけども

虫眼鏡を使って太陽の光を
一点に集めると紙をも燃やすエネルギーになって!

それは仕事でも同じで

あれやこれや多くのことを抱えていると
エネルギーはあらゆる方向に分散してしまう。

しかし、ひとつの方向にフォーカスすると
その力は強力になり、速く進むようになると!

「今すべき重要なことは何だろう?」
「自分が本当にしたいことは何か?」

このように自問自答すると
何にエネルギーを注ぐべきか
見えてくるので、お試しあれ!

本当に大切なことにエネルギーを注ぎたい
そう思う人は、こちらの記事もぜひどうぞ!

まとめ『イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ』

イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ: 他人にも感情にも振り回されない方法玉川真里
いかがでしたでしょうか?

・「何かができない」という仮想空間をつくることが、幸せを感じる第一歩!
・うつになりにくい人は、いい加減でマイペースな人!
・エネルギー量の計算して、小賢しく生きよう!

当たり前の幸せに気づくこと
何もかもエネルギーを注がないこと!

わかってはいるけど
追い込まれると、つい見失ってしまう。

生きていく上で、大切なことに気づき
イヤな気分が消え、スッと楽になる1冊
でした!

本書は上記以外にも

・引きこもりは決して悪い選択ではない
・「命軸」で考えるとほとんどの悩みは小さい
・トラウマも治せる「自分マニュアル」の作り方
・弱さに気づくことは、人間らしさに気づくこと
・人生で大切なこと、どうでもいいことがわかる
・人のためにできることには限界がある
・うつとつきあう時間をプラスに変えるコツ

などなど
イヤな気分の手放し方や
自分思考で生きるための方法を紹介!

落ち込み、イライラ、ゆううつ、不安。

生きていれば日々いろいろなことがあるし
気分が上下するのは当たり前のこと。

でも「イヤな気分」はなくならない。

このように嫌な気分に振り回せれ
心のエネルギーがどんどん奪われる。

そう感じる人はぜひ本書を読んでみてください。

きっとイヤな気分とうまく付き合える
自分らしく生きるあなたが見つかると思います。

ぴんと
さいごまで読んでいただき
ありがとうございました!