【書評Lv.93】30分で1冊読破!速読がうまくいくたった1つのコツとは?『どんな本でも大量に読める「速読」の本』宇都出雅巳

この記事を書いた人

柿田ぴんと
チョコモナカジャンボが好き!
1日1冊ビジネス書を書評してます!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今日紹介するのは

どんな本でも大量に読める「速読」の本宇都出雅巳

本書は、特別な技術や練習は不要で
早く読んだのに内容を覚えられて理解できる
高速大量回転法を紹介しています!

「速読って難しそう」
「あまり深く読んでなさそう」

などなど
速読に挫折した方はもちろん
速読未経験の方から積読している人
さらには読書が苦手な人
まで
誰でも、速読を身につける方法とは何なのか?

さっそく書評していきたいと思います!

本や講座で教えない速読の秘密

ここでは「速読できる」ために
重要なポイントを1つ紹介!

そこで本書では、そのポイントを理解するために
ある実験を例にわかりやすく説明しています!

ちなみに実験内容は

あることわざが書かれているが
わざと語順がバラバラになっている!

それを一瞬見るだけで
並べ替えると何ということわざになるか?

というもの。
さっそく見ていきましょい!

「に上も三の石年」

一瞬なので「に・うえ・も・さん・の・いし・ねん」と、一字一句読む暇もありませんが、ただ見るだけで理解できたでしょう。
これは速読技術の一つ「音にしないで見る」の一例です。もし、あなたが、一瞬見ただけでことわざの意味が理解できたのであれば、短い言葉ですが、速読できたわけです。

ぴんと
確かに、音にしないで見るだけでも頭に入るんや!見るだけで理解できるんやったら、どんな本でも速読できんじゃね!?

と思うわけですが
それは大きな勘違いだと!

あなたが見ていたのは
本に書かれた「に上も三の石年」という情報ではなく
あなたの頭の中にあった「石の上にも三年」という知識
だと!

つまり、ぼくらが何か本を読むときは
これまでに自分が蓄えてきた知識や情報
経験などの「ストック (蓄積)」を使って読んでいて

読む速さってのは
この「ストック」の量や質が
大きくかかわってくるってこと!

ぴんと
たしかに、速読法を学んでなくても、よく知っている内容の文章や本であれば、速く読むことも可能だわ!

でもね、ぶっちゃけ
ストックが大事ってことは
たくさん本を読んで知識のある人しか速読できなくね!?

読書はじめたての俺じゃムリじゃね!?

って思うわけですが大丈夫!

その考えをぶち壊すために
高速大量回転法があるので
さっそく紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

すぐに速読を体験できる「擬似速読訓練」

「高速大量回転法」を紹介するっていったけど
その前に、すぐに速読を体験できる擬似速読訓練を紹介してく!おい(゚Д゚)ノ

 この本でも、あなたが読みたい本でも構わないので、本の中のどこか1段落だけ選び、そこをまず1回読んでみてください。従来の読み方で構いません。
 さて、1回終わったら、もう1回読んでみてください。
おそらく、先ほどよりも楽に読むことができたのではないでしょうか? 
今度は、一部でも「音にしないで見る」「わかろうとしないで見る」ことが自然とできたかもしれません。  
それでは、もう1回見てください。
今度は、できるだけ「音にしないで見る」「わかろうとしないで見る」を意識してみてください。
先ほどよりも、さらに楽に読めるようになったでしょう。  
並んでいる文字にもなじみが出て、内容もかなり理解し、頭に入っているので、「もうわかっているよ」という感じで、あっという間に眺められたかもしれません。
そして、音にしなくても、「わかろう」としなくても理解し、意味をつかんでいたでしょう。  
今、3回目で経験された感覚、読み方。それが速読です。

ぴんと
「高速大量回転法」って、「ストック」ってもしかして!?

と思った方は鋭い!!!

実際に3回読んでみてわかるのは
「わかろう」としなくても
繰り返し読めば見るだけで理解できる
ってことで

1回目、2回目と読んでいくと
その文章に関する知識や情報
そしてそれを読んだという経験を蓄える
それがストックということ!

つまり「ストック」があれば
速読技術は自然と発揮できて
見る・読むということは
「眼」で行っているようで
実際は「頭」で行っている
と本書!

ぴんと
なるほどおお!いままで「眼」だけで速読してたからまったく記憶に残らんかったのか!!

と軽くショックを受けたところで
まとめると、速読に必要なのは

速読力 = 速読技術 × (知識・情報・経験などの)ストック
 

速読技術に重点を置くのではなく
ストックに重点を置いたほうが
速読力は結果的に早く身につくと!

では、さっそく
本の内容に関するストックがなくても
速読できるようになる方法
「高速大量回転法」を紹介していきたいと思います!

「高速大量回転法」で速読を実現!

まず「高速大量回転法」で大事なのは
繰り返して読むということ!

同じ本を繰り返し読んで
その本に関するストックを蓄えながら
そのストックを使って速読する

最初から完璧に理解する必要はなくて
まずざっと目を通して本の特徴をつかみ
こうした知識や情報などのストックを積むこと

次に読むときには最初より早く読めるようになると!

ぴんと
え、たったそれだけ?

と思うわけですが
過去のぼくもそうだったように
「速読しよう」と思うと
なんとか1回で終わらせる
と考えるのが自然だからなんですね!

ぴんと
ゆーても、ただの繰り返しやん?何回も読むってことはそれだけ時間もかかってくるやん!?

といってもふつうの繰り返しではなく
目次だけ読む、まえがき、あとがきだけ読む
見出しやキーワードだけ拾いながら読む

といった気楽な読み方でも効果はあると!

ちなみに繰り返しのメリットについて
本書では雪玉を例に図でわかりやすく紹介!

ぼくはもともと完璧主義で
1冊をじっくり読む派だったので
速読を身につけるのは苦労したんですが

いま速読をしてわかるのは
マージで「本はじっくり読む」必要はないなと!

じっくり読むから理解も繰り返しもできない
理解も繰り返しもできないから、さらにじっくり読む
じっくり読みながら、さらに理解も繰り返しもできない

っていう悪循環だし
ほんと内容が頭に残らないっていう!

ここは話すと長くなりそうなので
本書におまかせするとして

ではさっそく「高速大量回転法」を用いて
30分でどんな本でも速読できる方法を
紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

30分でどんな本でも速読できる方法

ではさっそく
30分でどんな本でも速読できる方法を紹介してく!

今回は

最初の2~3分で
目次を5~10回転

まえがき・あとがきを
5~6分で10回転

について簡単に説明していきます!

①まずは目次を2分で10回転

1分で5回転くらいすると
スッと頭に入ってくる言葉や

よくわからん項目やなと
頭が受け付けないところが
必ずでてくるんですよね!

ここで本書のポイント!

ちょっとイライラして、ピンとこない言葉、わからない言葉が気になって、そこをじっくり読みたくなる人もいるでしょう。しかし、そこで止まって「わかろう」としてじっくり読み始めてしまうと、従来の読み方に戻ってしまい、速読になりません。

ここで大事なのは、読みたいと思っても
踏みとどまって、さらに目次を読み進めること!

目次は日常でいう地図みたいなもの
10回転くらいしてくると

どこになんが書いてあるのか
どの構成で内容が進んでいくのか

ある程度わかってきて、このあとに読むのが格段と楽になります!

スポンサーリンク

②まえがき・あとがきを5分で10回転

目次を超絶高速フル回転で読んで
全体の流れをなんとなくつかんだところで

次に読むのが「まえがき・あとがき」
場合によって「はじめに・おわりに」!

すぐに本文に入らない理由は
まえがき・あとがきには
その本の目的や最終的な結論が
コンパクトにまとめられていることが多い
から!

プレゼンやブログでも
自分がいいたいこと
書きたいことを、最初に知っていると
あとに聞く情報の理解度も変わってくるなと!

だからこそ、まえがき・あとがきは
著者の問題意識や1番伝えたかったこと
その本の全体構成などが簡潔に語られている
ので
5分で10回転するくらい重要なわけですね!

ってなわけで「高速大量回転法」の
触りだけを紹介していきました!

すごく中途半端すぎるし
ソフトクリームで言えば
まだコーンしか持ってない
そんな状況ではありますが

本文は見出しの拾い読みから5~6分で3回転

残りの15分で自分の気になった言葉・箇所を中心に回転読みする

が気になる方はぜひ本書を!

繰り返し読みではないですが
オススメの「速読法」の記事はこちら!

まとめ『どんな本でも大量に読める「速読」の本』宇都出雅巳

どんな本でも大量に読める「速読」の本』宇都出雅巳
いかがでしたでしょうか?

・ストックに重点を置いたほうが、速読力は結果的に早く身につく!
・同じ本を繰り返し読んで、その本に関するストックを蓄えながらストックを使って速読する!
速読力 = 速読技術 × (知識・情報・経験などの)ストック
 

個人的に今まで読んだ速読本の中でも
合理的かつ本質的な読書法だと思う1冊でした!

今回紹介したのは
あくまで表面上のものなので
「速読を身につけたい!」と思う人は
ぜひ本書を読んでいただきたい!

本書は上記以外にも

・分厚い本もすぐになじむ読み方
・前半の15分で本全体の構造が見えてくる
・後半の15分で回転しながら細部に入っていく
・速読後の注意点
・ストックを有効活用する「エコ」な読み方
・ビジネス書を何冊読んでも身につかなかったワケ
・自分を成長させる速読をしているか

などなど
「高速大量回転法」について
詳しく紹介している
だけでなく←ここ大事!
本を読む目的でもある
人生に落とし込むフォローまで充実した1冊!

たくさん時間をかけて読んでも
記憶に残らず、実践できていない!

そう感じる人には、速読関係なしに
オススメの1冊だとぼくは思います!
(ちなみにAmazonの評価も✩4以上!)

ですので
速読に挫折した方はもちろん
速読未経験の方から積読している人
さらには読書が苦手な人
はぜひ1度
本書を読んでみてくださいね!

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!